/

日経平均554円高、米中摩擦の懸念和らぐ

6日の東京株式市場で日経平均株価が大幅に3日続伸し、前日比554円高の2万3873円で取引を終えた。1日の上げ幅としては2020年で最大となる。中国政府が6日、対米追加関税の一部を14日に引き下げると発表し、米中貿易摩擦への警戒感が和らいだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン