岩手県、20年度予算案 巨大加速器の誘致などに重点

2020/2/6 14:19 (2020/2/6 20:35更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

岩手県は6日、一般会計で総額9323億円となる2020年度予算案を発表した。東日本大震災からの復興が進み、関連事業が減っていることから、19年度当初予算比0.3%減だった。19年秋の台風19号による被害の復旧にも取り組むほか、巨大加速器「国際リニアコライダー」(ILC)の誘致推進や北上川流域など3ゾーンの活性化策を盛り込んだ。

一般会計総額が前年度を下回るのは5年連続。震災分は漁港や水門などの災…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]