/

中国、対米追加関税の一部引き下げ 14日の合意発効で

【北京=羽田野主】中国国務院(政府)関税税則委員会は6日、米国から輸入する約750億ドル(約8兆2500億円)分の製品の追加関税率について14日に引き下げると発表した。2019年9月に課した追加関税の税率を10%から5%に、5%から2.5%にそれぞれ引き下げる。これ以外の措置は継続する。

14日午後1時1分(日本時間同2時1分)に税率を半分に引き下げる。中国は19年9月から原油などに関税率を5~10%上乗せしていた。米中両政府は20年1月、「第1段階」の合意文書に署名している。米国が1200億ドル分の追加関税の税率を半分に引き下げるのに合わせた措置となる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン