米ビッグ3、世界シェア2割切る 大型車依存に限界

2020/2/6 13:36
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ニューヨーク=中山修志】米自動車メーカーが深刻な販売不振に陥っている。ゼネラル・モーターズ(GM)など米ビッグスリーの2019年の世界販売は合計で18年比8%減少し、世界シェアが初めて2割を切ったようだ。電気自動車(EV)や小型車の開発で後手に回り、中国など新興国で販売が落ち込んだ。米国も日欧メーカーとの競争が激化し、事業基盤が揺らいでいる。

GMが5日発表した19年の世界販売は771万台と8…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]