日本電産・永守氏、後継模索続く 集団指導は「失敗」

2020/2/6 11:37
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本電産の永守重信会長兼最高経営責任者(CEO)が後継者への権限委譲で模索を続けている。4日の会見では2018年6月の吉本浩之社長就任を機に導入した集団指導体制を「創業以来の最大の間違い」とし、4月1日付で社長に就く関潤氏とともにトップダウンの経営に戻す方針を表明した。成長速度を落とさずにどうバトンを渡すか。試行錯誤は続く。

「時間ばかりかけて会議ばかり開いて、決まらないというイライラがあった。…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]