米でインフルエンザ猛威 死者数1万人超え

2020/2/6 7:02 (2020/2/7 5:04更新)
保存
共有
印刷
その他

米国でのインフルエンザ流行が過去10年で最悪規模になるとの予測も=ロイター

米国でのインフルエンザ流行が過去10年で最悪規模になるとの予測も=ロイター

【ニューヨーク=野村優子】米国でインフルエンザが猛威を振るっている。米疾病対策センター(CDC)によると2019~20年のインフルエンザシーズンは患者数が1900万人、死者数は1万人を超えた。世界で新型コロナウイルスの感染拡大が懸念されるなか、米国ではインフルエンザが大きな脅威となっている。

CDCの最新データによると、1月25日までの1週間でインフルエンザ患者数は400万人増え、累計1900万人に達した。うち18万人が入院している。特に子どもの症状が深刻化するケースが多く、小児の死亡者数も過去にないペースで増えているという。

米国立アレルギー・感染症研究所(NIAID)は、19~20年のインフルエンザ流行が過去10年で最悪規模になると予測している。インフルエンザの流行が深刻だった17~18年の感染者数は4500万人、死者数は6万1000人だった。インフルエンザのシーズンは例年10月ごろに始まり2月にピークを迎え、5月ごろまで続く。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]