弾劾裁判、トランプ氏に無罪評決 ウクライナ疑惑

2020/2/6 6:30 (2020/2/6 8:06更新)
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=中村亮】米上院(定数100)で開いていたトランプ米大統領の弾劾裁判は5日、ウクライナ疑惑を巡る権力乱用と議会妨害の2つの訴追条項について無罪評決を下した。多数派を占める与党・共和党の大半が無罪を主張し、有罪支持票は大統領罷免に必要な3分の2を大きく下回った。米史上3例目となった弾劾裁判は終結したが、評決をめぐる米世論は二分され、社会の分断が鮮明になった。

権力乱用をめぐっては有罪支持が48票、無罪支持が52票だった。共和党から有罪を支持した造反議員が1人出て、同党の結束に影を落とした。議会妨害については造反はなく、有罪支持が47票、無罪支持が53票だった。

トランプ氏は5日、ツイッターで「でっち上げの弾劾訴追に対する我が国の勝利だ」と歓迎した。6日にはホワイトハウスで自ら弾劾裁判に関する声明を発表する。

民主党が多数派の下院は19年12月、トランプ氏がウクライナに軍事支援の見返りとして大統領選の民主党有力候補のバイデン前副大統領の捜査を要求したうえ、議会の弾劾調査を妨げたとして弾劾訴追した。裁判は1月中旬に開廷し、陪審員役の上院議員がそれぞれの条項が大統領罷免に値するか精査してきた。

裁判ではトランプ氏の弁護団が疑惑を全面否認。民主党はボルトン前大統領補佐官(国家安全保障担当)の証人尋問を模索したが、共和党はウクライナ疑惑の内幕を暴露されて不正疑惑が深まりかねないと懸念し、招致を阻止した。

米政治サイト「リアル・クリア・ポリティクス」の各種世論調査の集計によると、トランプ氏の罷免に賛成するとの回答は5日時点で47.8%となり、反対(48.1%)と拮抗している。支持政党で罷免の賛否が大きく分かれていることを示す世論調査が多く、トランプ政権下で進んだ米社会の分断が弾劾裁判でも鮮明になっている。

民主党は11月の大統領選を視野に、疑惑が払拭できていないとしてトランプ政権に対する追及を続ける方針だ。民主党内には下院でボルトン氏に証言を求める案が取りざたされている。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]