/

この記事は会員限定です

EV銘柄、世界で物色広がる

テスラ急騰、英中が普及促進策

[有料会員限定]

世界の株式市場で電気自動車(EV)関連銘柄を物色する動きが急速に強まっている。米テスラが急騰し、中国や英国がEV普及を後押しする方針を示したためだ。EVメーカーや電池関連の銘柄などが相次いで大幅高となっている半面、物色の過熱が警戒されてもいる。

米テスラが「EV相場」をけん引している。4日には前日比で約14%上昇。時価総額は17兆円と昨年末の約2倍に拡大した。1月29日に発表した決算が好調で、2月...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り514文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン