/

この記事は会員限定です

アースサイド、植物工場を大幅に自動化

[有料会員限定]
NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

農業スタートアップのアースサイド(京都市)はJXTGや九州電力と事業化を進めるほか、人工知能(AI)を生かす開発にも取り組む。黒字化の達成が課題となっている植物工場だが、他社と連携することで技術力や収益性を高めている。同社の植物生産の現場に迫り、秘密を探った。

8割の作業を自動で

京都、大阪、奈良にまたがる「けいはんな学研都市」。ここにある「テクノファームけいはんな」には、国内外の植物工場関係者が視察に訪れている。外観には大...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1422文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン