/

この記事は会員限定です

パナ、空もモノからコトへ EC提案で脱ハード

[有料会員限定]
NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

航空機向け娯楽システムを手がけるパナソニックアビオニクス(PAC)が、ハード依存からの脱却を急ぐ。利用者にあわせたコンテンツや電子商取引(EC)などを提案できるシステムを開発している。2019年に米カリフォルニアで協業拠点を稼働した。パナソニックは全社的に「モノ」から「コト」にビジネスの軸足を移す。空でも同じようにサービス事業で稼ぐモデルを構築する。

米サンフランシスコ国際空港から車で内陸に約1時...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り824文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

「日経産業新聞」をお手元のデバイスで!

スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できるようになりました。最初の1カ月間無料で体験いただけます(初回限定)。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン