新型肺炎、想定外と言う前に 問い直される先読む力
本社コメンテーター 梶原誠

新型肺炎
梶原 誠
Deep Insight
本社コメンテーター
2020/2/6 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型肺炎の拡散で荒れる世界の株式市場からは、2つの事実が浮かび上がる。

一つ目は、企業の「想定外」が頻繁に起きるようになったことだ。例えば資生堂。この1年で4つもの誤算に見舞われた。

第1弾は、中国政府への反発を背景に昨年6月に本格化した香港の大規模デモだ。中国本土などからの観光客が減ったうえ、出店するショッピングモールも閉鎖に追い込まれ、売り上げを落とした。

第2弾は8月。日韓関係が悪化し韓国…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

梶原 誠

本社コメンテーター

グローバル市場

東京、ニューヨーク、ソウル、香港を拠点に市場を通して世界を見てきた。アジア通貨危機、日本の金融危機、リーマン危機も取材。編集委員、論説委員、英文コラムニストを経て2017年2月より現職。市場に映る全てを追う。

    ソーシャルアカウント:

本社コメンテーター

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]