北海道に「北限のオリーブ」出現、商業生産へ始動

2020/2/5 17:45
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

北海道豊浦町の桜農園が北海道で初めてのオリーブの商業生産に乗り出した。生産した葉を使った化粧品を2020年4月に発売する。実を漬けたピクルスも3年以内に商品化し、20年代中にオリーブ油生産をめざす。オリーブは本来、温暖な地域の作物で「北限のオリーブ」を定着させられるかに注目が集まる。

桜農園は15年にオリーブ栽培を始め、越冬に成功した木など15本を育てている。実の収穫はまだだが、剪定(せんてい)…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]