/

きらやか銀、第一勧業信組と提携 都内の店舗網活用

じもとホールディングス傘下のきらやか銀行は第一勧業信用組合(東京・新宿)と地方創生に関する連携協定を結んだ。東京23区内に26カ所ある第一勧業信組の拠点を通じ、取引先同士の仲介などの事業を展開する。第一勧業信組の新田信行理事長は「東京に拠点が増えたことと同じで、協調融資などにつなげたい」と述べた。

協定は1月31日に山形市内のきらやか銀本店で結んだ。第一勧業信組はみちのく銀行など東北を含む全国47の金融機関や自治体と協定を結んでいる。新田理事長は「東京は地方出身者のるつぼで、山形と関わりができたことは営業上のメリットも大きい」としている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン