日本型MaaSの未来(5) 観光・都市型で着々と実績
専修大学教授 中村吉明

やさしい経済学
コラム(経済・金融)
2020/2/6 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

観光型MaaSでは東急とJR東日本などが、伊豆エリアで実証実験を進めており、2019年4月から6月までの第1弾に続き、同年12月からは第2弾に取り組んでいます。

ウェブブラウザの「Izuko(イズコ)」で、鉄道やバスが乗り放題となるデジタルフリーパスを6種類発行し、目的地までシームレスに移動できるサービスを提供しています。人工知能(AI)を活用したオンデマンド乗合交通の予約・購入も可能で、別途ク…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]