なぜ左派の反緊縮政策か 速水健朗氏が選ぶ3冊
安倍晋三と社会主義 鯨岡仁著

読書
2020/2/6 14:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

保守の安倍首相が左派の経済政策を選ぶのはなぜか。アベノミクスに祖父・岸信介の影響があることはよく指摘されるが、その核に三輪寿壮の思想があると本書は指摘する。

岸は満州仕込の統制経済を用い戦後成長の基盤を作った。皆保険、最低賃金制度も岸の仕事。一方の三輪は戦後社会党の創設者で岸のライバル、親友として岸の社会保障政策に影響を与えていたという。

安倍首相は介護保険創設に関わったが「祖父の仕事の続き」の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]