/

この記事は会員限定です

山谷(東京・台東、荒川)「ドヤ街」に変わらぬ人情

[有料会員限定]

岡林信康さんが「山谷ブルース」でレコードデビューしたのは1968年のことだ。肉体労働の厳しさ、ふるさとを離れて生きる孤独、ひとりあおる酒……。東京都台東、荒川両区にまたがる「ドヤ街」山谷の日常と高度成長期に生きた日雇い労働者の悲哀をリアルに切り取った。

江戸時代は街道沿いに木賃宿が軒を連ね、戦後は簡易宿泊所に多くの建設労働者が集まった。前回東京五輪の建設需要に沸いた60年代前半には220以上の簡宿...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り903文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン