/

仙台でSDGsフォーラム開催

日本電信電話ユーザ協会(東京・千代田)宮城支部は5日、貧困や環境問題などの解決を目指す国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」に関するフォーラムを仙台市内で開催した。具体的な取り組み事例を紹介し、SDGsの達成を目指す企業を後押しした。

フォラームには約160人が参加した(5日、仙台市)

SDGsは2015年9月に国連サミットで採択し、経済や環境、社会などの分野で30年までに達成を目指す17の目標を掲げている。日本を含む全ての国連加盟国が持続可能な社会の実現を目指し、取り組みを進めている。

フォーラムには宮城県内の中小企業や自治体関係者を中心に約160人が参加した。同協会はSDGs推進で実績を持つNTTデータ経営研究所(東京・千代田)の担当者を招き、食品廃棄物を堆肥にしている中小企業の取り組みなどを紹介した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン