/

この記事は会員限定です

一堂に会した自民党総裁(写真でみる永田町)

[有料会員限定]

永田町にある自民党本部の8階ホールには、歴代の自民党総裁の肖像画が並んでいます。初代の鳩山一郎氏以来、これまで23枚が掲げられていましたが、このほど第24代総裁の谷垣禎一氏の肖像画が加わりました。

なぜこのホールに飾られているのでしょうか。党本部の栗林啓二事務局次長に聞くと「広く見てもらうためだった」ということです。ホールは総裁選の会場です。党所属議員が一同に介して新総裁を選ぶ場に肖像画が並べば、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り294文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン