/

アサヒ、第三のビール「ザ・リッチ」 新製法で発売へ

アサヒビールは5日、第三のビール「アサヒ ザ・リッチ」を3月17日に発売すると発表した。上質感やぜいたくな気分を感じられるようなパッケージや同社としての新製法を採用した。普段はビールを飲みたいと思いながらも、節約のために第三のビールを飲む消費者の需要を取り込む。

アサヒビールは第三のビールの新商品「ザ・リッチ」を3月に発売する(写真左は松山一雄専務、東京都千代田区)

同日の新商品発表会でアサヒビールの松山一雄専務は「第三のビールはビールのようにビールブランドを固定せず複数のブランドを併用して飲む消費者が多い。群雄割拠のなかで新ブランドを育てたい」と話した。

アサヒビールの第三のビールの新商品「ザ・リッチ」

第三のビールは10月に酒税が約10円上がるが、なお原材料や製法の違いから店頭での販売価格差は残る。節約志向の消費者における第三のビールへの需要は根強いとみて新ブランドを投入する。年間の販売目標は400万ケース(1ケースは1本633ミリリットル20本の大瓶換算)。

3月上旬の生産終了で販売を終える「クリアアサヒ・プライムリッチ」

パッケージは濃紺色で光沢感を抑え落ち着いた印象に仕上げた。同社として初めてとなる新製法も導入。煮沸と呼ぶ生産工程を大幅に短縮することで大麦由来の香りを残すことができたという。

同社の第三のビールの新ブランド投入は、2019年1月に発売した「極上 キレ味」以来となる。19年の販売量は528万ケースだった。3月上旬から同ブランドもデザインを刷新する。

同社の第三のビールの代表商品「クリアアサヒ」の派生商品である「プライムリッチ」は3月上旬で生産を終了し販売も終える。香りにこだわった少しリッチな気分になれることに狙いを定めたが、競合する新商品の攻勢に押された。

アサヒは19年の第三のビールの販売量は18年比で1.6%増の4038万ケースと2年ぶりに前年を上回った。新ブランド投入で上積みを目指す。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン