/

38歳ブティジェッジ氏リード 民主アイオワ党員集会

(更新)
民主党のアイオワ州党員集会での票を集計する関係者ら(3日)=ロイター

【ワシントン=永沢毅】米民主党は4日、11月の米大統領選に向けた候補者選びの初戦となる中西部アイオワ州党員集会の途中段階の集計を発表した。開票率62%で各氏の得票率は穏健派の前インディアナ州サウスベンド市長、ピート・ブティジェッジ氏(38)が26.9%とリードしている。左派のバーニー・サンダース上院議員(78)が25.1%で続き、両氏が首位を競り合っている。

左派のエリザベス・ウォーレン上院議員(70)が18.3%、穏健派のジョー・バイデン前副大統領(77)が15.6%で続く。ただ、今後の集計次第で順位が変動する可能性がある。最終結果を同日中に発表するメドは立っていない。

ブティジェッジ氏は4日、次戦の予備選が11日に開かれる東部ニューハンプシャー州の集会で「とても気分がいい。私たちにとって驚くべき勝利なのは否定しがたい」と述べ、勝利への手応えを示してみせた。同氏は11人の候補で最年少。現実的な経済・外交政策を掲げる。

全米の世論調査で首位を維持してきたバイデン氏が中間集計とはいえ、4位にとどまっているのは陣営内に波紋を広げている可能性がある。今後の選挙戦にも影響を与えそうだ。

党員集会は3日に開かれ、同日深夜に大勢が判明する見通しだったが集計の不手際で同日の公表は見送られた。民主党アイオワ州幹部は4日の記者会見で発表の遅れを謝罪したが、最終結果の公表時期を尋ねる質問には答えなかった。

初戦のアイオワを制すれば勢いに乗れるだけに各候補は選挙戦で力を入れてきた。世論調査によると、次の予備選があるニューハンプシャーではサンダース氏がリードしている。

国内外の編集者が執筆するニューズレターを平日毎日配信しています。「世界のいま」がつかめ、ビジネスや就活に役立ちます。登録はこちら(電子版有料会員限定)。https://regist.nikkei.com/ds/setup/briefing.do?me=S001&n_cid=BREFT038

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン