/

米民主、大統領選初戦でずさん管理 トランプ氏打倒に影

(更新)
アイオワ州党員集会の結果公表の遅れには有権者も戸惑いを隠せない(3日、アイオワ州デモイン)=ロイター

【ワシントン=中村亮】11月の米大統領選に向けた野党・民主党の候補指名争いの初戦である3日の中西部アイオワ州の党員集会の結果全容は4日夜(日本時間5日午前)時点で明らかになっていない。約1700カ所の集会場から党本部への結果報告の手段に使ったアプリを集会の管理担当者が使いこなせなかったことが原因とみられる。結果の正確性に疑問が生じた事態は党内の亀裂を生み、再選を目指すトランプ大統領を利する可能性がある。

アイオワ州民主党は4日の声明で結果発表の遅れの理由をめぐり、集会場から党本部にアプリで結果を送信した際に一部の投票データが抜け落ちたケースがあったからだと説明した。正確な投票データは残されており、全体の集計を急いでいるという。同州民主党は集計を効率化するため今回の党員集会からアプリの活用を始めた。

だが民主党の説明に反し、集会ではアプリの利用をめぐり大混乱した様子が浮かび上がる。CNNテレビによると、ある集会の管理担当者が集会当日にアプリの不具合を党本部に訴えたところアプリを削除したうえで再びダウンロードするよう促された。だがダウンロードに必要なパスワードを忘れ、集会後もアプリを入手できなかった。

米紙ニューヨーク・タイムズによると、党本部はアプリの使い方に関して選挙管理者に明確な指導をしていなかったという。州都デモイン周辺の管理者は先週の時点でアプリの利用を断念し、従来と同じように電話で結果報告することを決めていた。当日は電話がつながりにくく、投票結果の写真を撮影し党本部に持ち込んだが受け取りを拒否されたという。

ずさんな管理体制は選挙結果の正確性に疑問を生じさせそうだ。アイオワ州の結果は指名争いの試金石となるだけに上位に食い込めなかった候補ほど不満を持ちやすく、各陣営が結果をすぐに受け入れない可能性がある。12年には共和党の党員集会で再集計の結果、最終的な勝者が入れ替わった事例もある。

今月22日に党員集会を予定する西部ネバダ州の民主党は4日の声明で、アイオワ州で使われたアプリを結果報告の手段として使わないと表明した。両州のアプリ制作には同じ企業が関与しているという。

集計の不手際は政権奪還を目指す民主党の結束に水をさす。米メディアによると、サンダース上院議員は4日、記者団に対し最終結果の公表前に事実上の勝利宣言と受け取られかねない演説をした前インディアナ州サウスベンド市長のブティジェッジ氏を批判。集計のプロセスに疑問を呈すバイデン前副大統領の陣営に対しても「誤りだ」との考えを示し、候補者同士の溝を印象づけた。

トランプ氏は民主党内の不協和音をあおる。4日にツイッターで「アイオワ州での民主党はめちゃくちゃだった」と酷評。集計の不手際をめぐり「党の能力不足を認めず(16年の米大統領選に介入したとされる)ロシアへの責任転嫁をいつになったら始めるだろうか」と皮肉った。

民主党内で左派と中道派の亀裂が深まるほど11月の選挙では民主党員の投票率が下がり、トランプ氏に有利に働く可能性がある。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン