英、自国民に中国本土からの退避勧告 新型肺炎拡大で

2020/2/4 22:57 (2020/2/5 2:15更新)
保存
共有
印刷
その他

英国では2人の新型肺炎の感染が確認されている=ロイター

英国では2人の新型肺炎の感染が確認されている=ロイター

【ロンドン=佐竹実】新型コロナウイルスの感染拡大を受け、英外務省は4日、中国本土にいる英国民に対してできる限り退避するよう勧告を出した。必要でない限り渡航を控えることも改めて求めた。同省は中国に駐在する大使館員も一部を残し退避させている。約3万人の英国民が中国に居住しており、感染拡大を未然に防ぐ。

同省が今回勧告を出したのは中国本土が対象で、香港やマカオは含まない。「もし中国にいて出国できるのであればそうすべきだ。高齢者や治療中の人はリスクが高い」とした。運休を決めた民間航空会社があることにも触れ、今後数週間で出国手段がさらに少なくなる可能性も指摘した。

英政府は1月末にチャーター機で中国から英国民を避難させている。ラーブ外相は「国民がウイルスにさらされるリスクを最小限にする。湖北省から退避したい英国民がいれば支援を続ける」として必要があれば対応を取る考えを示した。

同省はこれまでも、発生地である湖北省への渡航中止を勧告したほか、他の中国本土の地域にも必要でない限り渡航しないことを求めてきた。英政府は、武漢と重慶の総領事館を一時閉鎖。1月31日から、その他地域を含む中国の大使館や総領事館から大使館員や家族を避難させている。

英国では、2人の新型肺炎の感染が確認され、保健省などが対応にあたっている。英航空大手ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)は2月末まで中国の北京、上海とロンドンを結ぶ直行便の運航を見合わせると発表している。

国内外の編集者が執筆するニューズレターを平日毎日配信しています。「世界のいま」がつかめ、ビジネスや就活に役立ちます。登録はこちら(電子版有料会員限定)。https://regist.nikkei.com/ds/setup/briefing.do?me=S001&n_cid=BREFT038
保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]