キリン横浜工場、AIなどで生産工程を一部自動化

サービス・食品
関東
神奈川
2020/2/13 18:07
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

キリンビールは横浜工場(横浜市)で生産工程の自動化を加速させる。缶製品の箱詰め工程で飲料の取り違えが起きないように人工知能(AI)で映像をチェックするほか、充填飲料の切り替えなどを遠隔操作できるようにする。醸造では、受注に応じたろ過工程の計画作りをAIが担う。作業の自動化で2020年度に少なくとも1600時間の作業負担減を見込む。

完成したビールやチューハイを段ボールに箱詰めするベルトコンベヤー…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]