/

この記事は会員限定です

キリン横浜工場、AIなどで生産工程を一部自動化

[有料会員限定]

キリンビールは横浜工場(横浜市)で生産工程の自動化を加速させる。缶製品の箱詰め工程で飲料の取り違えが起きないように人工知能(AI)で映像をチェックするほか、充填飲料の切り替えなどを遠隔操作できるようにする。醸造では、受注に応じたろ過工程の計画作りをAIが担う。作業の自動化で2020年度に少なくとも1600時間の作業負担減を見込む。

完成したビールやチューハイを段ボールに箱詰めするベルトコンベヤーに...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り907文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン