東芝機械「芝浦」への道険しく 戦略と株主の理解カギ

2020/2/4 21:16
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東芝機械の経営が揺れている。4月から「芝浦機械」として再出発しようとした矢先に旧村上ファンド系の投資会社にTOB(株式公開買い付け)を仕掛けられ、株主還元や買収防衛策を巡って攻防が続く。工作機械需要が低迷するなか、成長ビジョンを示せていないことも標的にされた。東芝の傘下を離れ、新たな船出をする前に荒波にもまれた格好だ。

東芝機械は4日、2019年5月に策定したものを改定した新たな中期経営計画を発…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]