/

この記事は会員限定です

新型肺炎「インフルの対策が有効」 国内で重症例なく

専門家に聞く 舘田一博・日本感染症学会理事長

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大が続いている。政府は検査対象を広げたが症状が出ない人は把握が難しく、不安を抱く人は多い。これまでの感染例などから見えてきた特徴は何か。日本感染症学会理事長の舘田一博・東邦大学教授に聞いた。

新型コロナウイルスの感染者数は日本でも増えているが、重症例はない。家族や医師、看護師らに感染が広がっていないのは大事な点だ。感染防止策を講じ健康なはずの医療従事者にうつり...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り985文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン