/

この記事は会員限定です

中銀デジタル通貨、新興国で広がり

カンボジアやカリブ諸国 先行で自国民「囲い込み」

[有料会員限定]

日銀や欧州中央銀行(ECB)がデジタル通貨の共同研究に乗り出す中、新興国の中央銀行が相次ぎデジタル通貨の発行に動き出している。カンボジアでは実用段階に入ったほか、カリブ諸国などでも計画が進む。米フェイスブックや中国が国境をまたぐデジタル通貨の発行を計画しており、新興国は自国通貨の存在感が低下しかねないとの危機感を募らせている。

中銀が発行するデジタル通貨はCBDC(Central Bank Digit...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1004文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン