/

この記事は会員限定です

肺炎対策、自民提言へ 中長期見据え対策見直し

[有料会員限定]

中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎問題で、自民党は政府に要望する対策をまとめる。5日に対策本部を開き、週内に安倍晋三首相に申し入れる。感染の有無を調べる簡易検査キットの開発促進や観光業など中小企業の資金繰り支援が柱となる。党内には将来の新たな感染症の発生に備え、入国制限を可能にする法整備を求める声もある。

自民党は4日の総務会で、橋本岳厚生労働副大臣から新型肺炎に関する対応につ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1061文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン