中国外務省報道官、日本の支援に「感動」 新型肺炎

2020/2/4 18:44
保存
共有
印刷
その他

【北京=高橋哲史】中国外務省の華春瑩報道局長は4日、新型肺炎の拡大に対応してインターネット上で開いた定例記者会見で「感染が広がってから、日本政府や社会の各層は中国に多大な同情と理解、支持を寄せてくれている」と日本国民に謝意を表明した。中国は新型肺炎への対応で米国への批判を強めており、日本の「特別扱い」が鮮明になっている。

中国外務省の華春瑩報道局長=共同

中国外務省の華春瑩報道局長=共同

感染が最もひどい湖北省のテレビ局の記者が「たくさんの日本人がネット上で『武漢がんばれ』『中国がんばれ』と応援してくれている」と指摘したのに対して答えた。

華氏は「私も関連の報道を見て非常に感動した」と応じ「日本政府だけでなく多くの地方企業がマスクやゴーグル、防護服など中国が緊急に必要とする防疫物資を自発的に寄贈してくれた」と日本の対応を絶賛した。

"会見"は中国の対話アプリ「微信(ウィーチャット)」上で原則、文字を使って質疑応答するかたちを取っている。しかし華氏は日本に関する質問に答える際、わざわざ音声送信に切り替え、肉声で謝意を伝えた。今春に予定する習近平(シー・ジンピン)国家主席の訪日をにらみ「日本重視」のメッセージを打ち出すねらいがあったとみられる。

華氏は前日の会見で、米国について「いままで中国側に実質的な支援を何も提供していないのに、真っ先に武漢の総領事館員を待避させ、中国人の入国を全面的に制限する措置を取った」と不満をあらわにしたばかりだ。「米国は絶え間なくパニック感情をまき散らしている」とも批判し、日本と米国ではっきりと対応を変えている。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]