/

首都高1000円上乗せ許可 五輪渋滞対策で国交相

赤羽一嘉国土交通相は4日、東京五輪・パラリンピック期間中の渋滞対策として、首都高速道路の料金を時間帯によって変動させる「ロードプライシング」の導入を許可した。首都高は選手らが移動で利用する。競技に影響する時間帯の午前6時~午後10時はマイカーの通行料金に千円を上乗せする一方、午前0~4時は半額にする。

期間は五輪開会式に先立つ7月20日から閉会式翌日の8月10日までと、パラリンピック開会式の8月25日から閉会式の9月6日までの計35日間。

自動料金収受システム(ETC)を搭載している場合、首都高の都内区間を通行する自家用、社用の乗用車が上乗せの対象になる。トラックやバス・タクシー、事前登録した福祉車両などは除外する。半額措置は車両の種別に関係なく、都外を含む全路線で適用する。

現金利用では、首都高全線で小型トラックなどを含め千円上乗せし、夜間割引は適用しない。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません