/

「桜を見る会」予算委紛糾 野党、前日の夕食会追及

衆院予算委で黒岩宇洋氏(左手前)の質問に答える安倍首相=共同

4日の衆院予算委員会は、野党が追及する首相主催の「桜を見る会」やカジノを含む統合型リゾート(IR)事業などを巡って、議論が度々紛糾した。

桜を見る会では立憲民主党の黒岩宇洋氏が会の前日に開かれた地元後援者向けの夕食会を中心について追及した。1人5千円だった夕食会費について「割安だ。安倍事務所の信頼に裏打ちされた買収だ」などと指摘した。

衆院予算委で質問する黒岩宇洋氏=共同

このときに首相秘書官が首相に背後から助言したのを見て、黒岩氏が指を指して「そこ、後ろ、うるさい。関係ないでしょ」などと発言。首相は「秘書官は答弁のアドバイスをすることはある。それに対し怒鳴るのは異常な対応だ。人間としてどうなのか」と返した。

首相はさらに、黒岩氏が夕食会で高級ずしが出されたと指摘しているのは誤りだとして「事実でないのに事実であるかのような流布を行ったことに国会議員として少しは責任を感じた方がいい」と述べた。

黒岩氏は夕食会に予定した人数に達しなかった場合の取り消し料を誰が負担することになっていたのかについても、ホテルの規約に触れて質問した。首相は「規約にあるわけじゃないですよ。根拠がないことを言うのはうそをつくのと同じだ」と反発した。

黒岩氏は「なに人をうそつき呼ばわりしているのか」と反論。ホテルの規約の該当部分を読み上げ「規約に沿って質問しているだけだ。うそつきと言った発言を撤回してください」と迫った。

答弁する安倍首相

首相は「規約はいま確認できないが事実であれば撤回したい。ただ、すし屋について言ったことはうそだと重ねて申し上げたい」と強調した。黒岩氏は「そのすし屋が提供したとは一言も断言していない。(会場となったホテルの)明細書を出せば明らかになる」と語った。

IR事業を巡っては、立民などの共同会派で無所属の階猛氏の質疑で、棚橋泰文委員長が答弁を要求していない閣僚も指名したことで議事が混乱した。

階氏の質問に首相は「詳細は武田良太国家公安委員長から答弁する」と述べ、概略を答えた。階氏は「(武田氏には)聞いてませんから結構です。時間がない」と主張したが、棚橋氏は武田氏を指名。武田氏はヤジが飛び交うなかで「これ、重要な点です」などと答弁した。

首相は治安対策について「カジノ事業者は犯罪予防や秩序維持の措置を取るよう法律上義務付けられている」と訴えた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン