習政権が宣伝工作、新型肺炎との戦い強調 党内引き締め
人民日報「戦争」、危機感あらわ

2020/2/4 19:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【北京=羽田野主】中国共産党の習近平(シー・ジンピン)指導部が新型肺炎の感染拡大を「有事」であると強調し、地方の党委員会などを党中央の決定に従わせるための宣伝工作を展開し始めた。党の地方組織では中央への不満もくすぶっているため、初期対応の不備を認めながら、党内の引き締めも図る狙いだ。

中国共産党の機関紙、人民日報は4日、新型肺炎との戦いを「人民戦争だ」とする評論記事を1面に掲載した。「心を一つに…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]