7/11 2:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 「コロナTOB」にくすぶる不満 ファミマが異例の高値[有料会員限定]
  2. 2位: NYダウもみ合い、感染拡大もコロナ治療薬に期待
  3. 3位: 気候変動リスク、企業の「負債」に 数値化が課題[有料会員限定]
  4. 4位: 安川電、3~5月期営業益22%減 市場予想上回る
  5. 5位: REIT時価総額、物流型が一時トップに コロナで揺らぐ投資尺…[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,859,760億円
  • 東証2部 67,452億円
  • ジャスダック 91,493億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.16倍 --
株価収益率18.46倍19.96倍
株式益回り5.41%5.00%
配当利回り2.11% 1.74%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,290.81 -238.48
日経平均先物(円)
大取,20/09月 ※
22,290 -190

[PR]

マーケット反射鏡

フォローする

証券、収益悪化に歯止め 富裕層の増加生かせるか
編集委員 前田昌孝

前田 昌孝
2020/2/5 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

主な証券会社の2019年4~12月期決算が出そろった。14社中、特殊要因がある3社を除く11社が減収減益だったが、減益率は4~9月期よりも縮小し、収益悪化には歯止めがかかった。今後を見渡すと、オンライン証券は手数料撤廃の波に押され、収益低下が続きそうだ。対面営業の大手証券にとっては個人の資産格差が拡大し、富裕層が増えていることは追い風だ。顧客高齢化に伴う資産収益率の低下をどうはね返すかが課題にな…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム