/

広島銀、楽天・SBIと提携 金融商品仲介で

広島銀行は4日、インターネット証券大手の楽天証券、SBI証券の両社と金融商品の仲介で提携したと発表した。4月20日から広島銀の利用者はスマートフォンアプリ「ひろぎんアプリ」から両証券の取引口座を開設し、株や投資信託などを取引できるようになる。スマホを使う若年層などの資産形成層を新たな顧客として取り込む狙い。

広島銀本体での投信販売は店舗での対面営業が中心で、投資経験者を対象としたサービスは子会社のひろぎん証券が手がけている。ネット証券と提携することで株式や債券、投信など金融商品の品ぞろえを増やすと同時に、若年層にもサービスを届けやすくする。

広島銀にとってネット証券会社との金融商品の仲介は初めて。地域金融機関との仲介サービスは楽天にとって3例目、SBIにとって37例目となる。今後も地方の資産形成ニーズを巡り、地銀と証券会社の提携が広がりそうだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン