福島・郡山市、歴史情報・公文書館の基本計画

2020/2/4 17:45
保存
共有
印刷
その他

福島県郡山市は市の歴史的な文物などを収蔵公開する「歴史情報・公文書館」(仮称)の基本計画をまとめた。麓山(はやま)地区にある歴史資料館が老朽化したため、道を隔てた中央図書館の隣接地に移転し、市内各所に分散している歴史資料の保管施設の機能も統合する。建物の設計に今後着手するが、施設面積は3100平方メートル程度、400台程度を収容する立体駐車場を備える予定だ。出土品から公文書まで収蔵品は多岐にわたり、「地震や水害などの災害の教訓を将来に伝える」(品川萬里市長)役割も持たせる。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]