日本語の得意技 東北大学名誉教授 原山優子

エッセー
2020/2/13 14:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本語は柔軟性に富む言語だ。縦にも書けるし、横にも書ける。本を手にしたとき、縦書きは柔らかい文系のもの、横書きは堅い理系のものと内容まで咀嚼(そしゃく)することができる。また表記法にも選択肢を有し、例えば、「人」を、「ヒト」と書けば生命体の種を現し、社会的な存在は「人」、柔らかさもにじませたければ「ひと」と書く。

フランス語のようにガッチリとした骨組みは持たず、主語が無くとも文章が成り立つという…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]