/

この記事は会員限定です

「勝ち組」ドンキを揺さぶる韓中ショック

証券部 佐藤俊簡

[有料会員限定]

ディスカウント店「ドン・キホーテ」などを運営するパン・パシフィック・インターナショナルホールディングスが5日15時、2019年7~12月期連結決算を発表する。総合スーパー(GMS)ユニーの完全子会社化などが寄与し営業増益になるとみられる。「小売りの勝ち組」の代表銘柄とされる同社だが、足元の既存店売上高の動向と中国で発生した新型肺炎の影響を踏まえると、過去6年間で経験したことのない異常事態が起きつつある。

「消費者の財布のヒモが思った以上に固い」。パンパ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1393文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン