日特出資の新会社、事業開始 燃料電池21年に事業化

2020/2/5 13:35
保存
共有
印刷
その他

日本特殊陶業と三菱日立パワーシステムズ(MHPS)は4日、共同出資する新会社「CECYLLS(セシルス)」が1月29日に事業を開始したと発表した。2021年3月期中に新型燃料電池「固体酸化物形燃料電池」(SOFC)の事業化を目指す。SOFCは空気中の酸素と、水素を反応させて発電する。工場・発電所など産業用の用途を見込んでいる。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]