/

この記事は会員限定です

武漢バブルが招く国際感染 習近平体制の曖昧な反省

編集委員 中沢克二

[有料会員限定]

「武漢のバブル経済が世界各国に新型コロナウイルスを広げてしまうとは思いもよらなかった」。かつて湖北省の中心地、武漢に長く住んだ中国の在野の方の慨嘆である。その言葉には今、世界で起きている混乱と、グローバル化時代の中国の今後を読み解く格好の材料が詰まっている。

中国全図を四つ折りにすると、真ん中に来るのが内陸の大都市、武漢だ。人口6100万人の湖北省の中心、武漢市には東京並みの1100万人が住む。武...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3006文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

習近平帝国の暗号 2035

著者 : 中澤 克二
出版 : 日本経済新聞出版社
価格 : 1,980円 (税込み)

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン