/

1位は「火口のふたり」 キネマ旬報社が選出

キネマ旬報社は4日、2019年に公開された日本映画と外国映画の1位と個人賞を選出し、発表した。日本映画は荒井晴彦監督の「火口のふたり」、外国映画はトッド・フィリップス監督の「ジョーカー」。2~10位は5日発売のキネマ旬報特別号で発表する。

表彰式は11日、東京都文京区の文京シビックホールで開く。他の主な賞は次の通り(敬称略)。

監督賞=白石和弥(「ひとよ」など)▽脚本賞=阪本順治(「半世界」)▽主演女優賞=滝内公美(「火口のふたり」)▽主演男優賞=池松壮亮(「宮本から君へ」)▽助演女優賞=池脇千鶴(「半世界」)▽助演男優賞=成田凌(「愛がなんだ」など)▽新人女優賞=関水渚(「町田くんの世界」)▽新人男優賞=鈴鹿央士(「蜜蜂と遠雷」など)▽特別賞=和田誠▽文化映画1位=(「i 新聞記者ドキュメント」)〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン