ジブリ整備費は340億円、想定来園者年間180万人

2020/2/4 14:10
保存
共有
印刷
その他

愛知県は4日、愛・地球博記念公園内(長久手市)で2022年秋の開業を目指す「ジブリパーク」の概算事業費が約340億円に上ると発表した。年間来園者数は3エリアの先行開業時に約100万人、5エリアすべての開業時に約180万人を見込んでいる。

スタジオジブリのテーマパークが造られる愛・地球博記念公園(愛知県長久手市)

ジブリパークは映像展示室や売店などが入る「ジブリの大倉庫エリア」や「どんどこ森エリア」など5つのエリアを整備する。県は5エリアの開業で新たに創出される消費増で、新たに年間480億円の経済波及効果があるとみている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]