/

現場作業員をスマートグラスで支援、独製品が日本上陸

拡張現実(AR)技術を使ったサービスなどを手掛けるアウトソーシングテクノロジー(東京・千代田)は4日、眼鏡型ウエアラブル端末「スマートグラス」による現場の生産性向上支援サービスを展開する独ユビマックスの製品の販売を始めると発表した。労働力不足に悩む物流や製造の現場向けに、各業界に特化した技術者と合わせて活用を促す。

スマートグラスを使った組み立て支援のデモ

物流現場での商品のピッキング作業に加え、製造工程での作業支援や点検業務の効率化、熟練者による現場作業者の遠隔支援という4つのサービスを提供する。倉庫内でのピッキング作業の場合、ピッキングする製品や保管場所、作業ルートなどの手順をグラス上に表示する。

ユビマックスのサービスは独BMWや米コカ・コーラの系列企業など、世界で400社が導入済みという。コカ・コーラの系列企業は2カ月で約8%ピッキングの精度が高まり、現状で100%近い精度を実現したという。

(井原敏宏)

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン