/

この記事は会員限定です

常勤弁護士、病院や学校にも 広がる活躍の場

[有料会員限定]

企業や役所で常勤で働くインハウス(組織内)弁護士。今や2400人を超え、10年前の7倍に増えた。人数だけではない。弁護士が身を置く組織も、病院、学校、マスコミなど多様になってきた。彼らが裁判所や法律事務所ではなく、教育や医療の現場を選んだのはなぜか。どのように活躍しているのだろうか。

「病院はたくさんの法的なリスクにさらされている。組織の内部にも、そして患者との間にも。組織の抱えるリスクにゼロから...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2609文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン