新型肺炎「検査網」拡大、軽症も対象 検査体制に制約

2020/2/4 13:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

厚生労働省は4日、新型コロナウイルスの感染が疑われる場合の検査対象をせきや発熱だけの軽症にも拡大した。重症や肺炎患者に限っていたが、国内で肺炎症状のない軽症患者が複数いたためだ。「検査網」を広げ、国内での流行を抑える。

滞在歴の条件は中国湖北省武漢市から湖北省全体に広げる。政府は湖北省からの入国を拒否しているが、それ以前に入国した人と接触し、症状が出た場合も対象となる。今後は37.5度以上の発熱…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]