[FT]新型肺炎で原油大幅安、産油国が減産強化検討へ

2020/2/4 13:34
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの感染拡大による中国の原油需要への影響懸念から原油が「弱気相場」に入ったのを受け、石油輸出国機構(OPEC)と非加盟産油国は緊急減産の準備を進めている。

国際指標の北海ブレント原油先物は3日、一時4%安の1バレル54.17ドルに下がり、約1年ぶりの安値を付けた。1月上旬からの下げ幅は20%を超え、弱気相場に入った。

OPECとロシアなど非加盟の主要産油国で構成する「OPECプラ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]