新型肺炎、既存薬で効果探る インフル薬など中国調査

2020/2/4 11:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大が続く中、既存薬を治療に使う試みが進む。タイ保健省はエイズウイルス(HIV)治療薬とインフルエンザ薬を混合して投与し、症状の改善を確認したと発表した。中国科学院は約30種の既存薬の効果を探っている。ただ効果を詳細に探るには厳密な臨床試験をしなければ証明できない。専門家は「検証が不十分な報告に惑わされないように」と警鐘を鳴らす。

タイ保健省はHIV治療薬「ロピ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]