/

この記事は会員限定です

新型肺炎、既存薬で効果探る インフル薬など中国調査

[有料会員限定]

新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大が続く中、既存薬を治療に使う試みが進む。タイ保健省はエイズウイルス(HIV)治療薬とインフルエンザ薬を混合して投与し、症状の改善を確認したと発表した。中国科学院は約30種の既存薬の効果を探っている。ただ効果を詳細に探るには厳密な臨床試験をしなければ証明できない。専門家は「検証が不十分な報告に惑わされないように」と警鐘を鳴らす。

タイ保健省はHIV治療薬「ロピナ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1357文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン