/

ブラジル、新型ウイルスで非常事態宣言へ

マスク姿で新型ウイルスを警戒する旅行者(3日、サンパウロ州)=ロイター

【サンパウロ=外山尚之】ブラジル政府は3日、中国での新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、非常事態を宣言することを決めた。ブラジルでは感染者は出ていないが、湖北省武漢市に滞在するブラジル人の帰国を支援するうえで必要だと判断した。グアテマラやエルサルバドルも中国からの渡航者の入国を制限しており、中国から離れた中南米でも影響が広がりつつある。

ブラジルのマンデッタ保健相が3日、明らかにした。新型肺炎の流行について「公衆衛生上の緊急事態」として指定する方針だ。ブラジルでは15年にジカ熱の流行を受けて非常事態宣言を出したが、新型肺炎はブラジル国内での感染が確認されておらず異例の措置だ。

マンデッタ氏は「(帰国支援)事業を実行可能にするために承認する」と述べ、武漢市に残るブラジル人のために軍用機を派遣したり、検疫体制を構築したりするために非常事態宣言が必要だと説明している。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン