米中両にらみの英5G政策 ファーウェイ35%の妥協点

ファーウェイ
ヨーロッパ
モバイル・5G
2020/2/4 4:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ロンドン=佐竹実】次世代通信5Gの整備を進める英国が、米中両にらみの外交を展開している。1月に中国の通信機器大手華為技術(ファーウェイ)の一部使用を認め、安全保障上の理由で完全排除を求める米国に応じなかった。同社製品を「35%」に抑えるのは現実路線として説得したようだが、米国が今後強硬姿勢に転じる可能性も捨てきれない。

欧州連合(EU)離脱の前日、1月30日の首相官邸。ジョンソン英外相はポンペ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]