社外取締役、候補者増えても偏る人気 兼務が急増

2020/2/3 22:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

株主総会が集中する6月を目指して、企業の社外取締役選びが本格化している。人材紹介会社が選ぶ候補は3万人を超えるが、人気は特定の人材に集中し、4割の企業で複数の企業を兼務する社外取締役がいる。6社を兼務する例もあり、役割を十分に果たせるか懸念する声も出ている。

ヤマハが昨年11月に開いた取締役会。6月から社外取締役になったポール・キャンドランド氏が「広告宣伝は製品を見せるだけでなく、音楽と人とのつ…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]