/

梓みちよさんが死去 歌手、「こんにちは赤ちゃん」

(更新)

大ヒット曲「こんにちは赤ちゃん」や「二人でお酒を」などで知られる歌手の梓みちよ(あずさ・みちよ、本名=林美千代=はやし・みちよ)さんが死去していたことが3日、分かった。76歳だった。告別式は近親者で行った。

1月29日午後、梓さんのマネジャーが出演番組の打ち合わせのため東京都内の自宅を訪ねたところ、亡くなっている梓さんを発見したという。

宝塚音楽学校在学中にオーディションに合格し、1962年に歌手デビューした。

「はじめまして わたしがママよ」と優しく歌った「こんにちは赤ちゃん」は63年、NHKの番組「夢であいましょう」で披露して大反響を呼んだ。100万枚以上を売り上げ、同年の日本レコード大賞を受賞した。永六輔さんが作詞、中村八大さんが作曲を手掛け、60年代を代表する歌謡曲の一つとなった。

74年には、床にあぐらをかいて歌った「二人でお酒を」が大ヒットした。70年代には「新婚さんいらっしゃい!」のアシスタントを務めるなど、バラエティー番組でも親しまれた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン