/

この記事は会員限定です

敦賀市で北陸初の水素ステーション 脱・原発へ試金石

[有料会員限定]

福井県敦賀市と東芝エネルギーシステムズは昨年12月、同市内に北陸で初めての水素ステーションを開設した。原子力発電所の廃炉や長期休止が続くなか、敦賀市は原発以外の産業育成に力を入れ始めている。中でも水素産業はその中核の一つと位置づけており、敦賀市の産業構造転換が軌道に乗るのか、その試金石にもなりそうだ。

「敦賀市民は国のエネルギー政策に貢献してきたというプライドを持っている。これからもエネルギーで貢...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1267文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン